Home

会社案内

プレス部門

エンジニアリング部門

サイン部門

アクセス

お問い合わせ


人工衛星姿勢制御実験装置

お問い合わせ

1.特徴

 本装置は,宇宙空間における小型人工衛星の3軸姿勢制御を模擬するための姿勢制御実験装置です。コンソール卓あるいはコネクタを通じて送られた外部からの3軸制御信号にしたがって,3次元空間における人工衛星のあらゆる姿勢が制御できます。

 装置の特徴は,小型軽量化のため外枠を地面に固定する機構を採用したことです(従来のこの種の装置では,一番外側の枠が地面に対して垂直に回転する軸を持つ機構がほとんどです)。したがって,本装置では計算機を使った座標変換アルゴリズムによって,従来の装置と同様の姿勢制御実験を行うことができます。

2.スペック

3軸 最大角速度 最大角加速度
X ( ロール ) 軸 6.3 rad/sec 19 rad/sec2
Y ( ピッチ ) 軸 6.3 rad/sec 31 rad/sec2
Z ( ヨー ) 軸 6.3 rad/sec 63 rad/sec2

・装置外形:1154 mm × 1915 mm × 1454 mm

・許容負荷重量:50 kg

・回転ステージ重量:170 kg

・最大消費電力:12 kW

< 設計サンプル >

< 製品紹介 >

製 品 紹 介

◆ 試薬充填計量閉栓ライン

◆ プレスワーク搬送装置

◆ 人工衛星姿勢制御
実験装置

◆ FOG巻線機 (多極自由巻)
(光ファイバージャイロ)

◆ FOG巻線機 (4極巻専用)
(光ファイバージャイロ)

◆ フィンパイプベンダー装置
(熱交換器用フィンパイプ)

◆ 光ファイバーケーブル
結束強度試験

◆ 光ファイバージャイロ
方位試験機

◆ 解析装置ローディング
機構部

◆ H2A ロケットタービン
マニホールド研磨装置

河 政 工 業 株 式 会 社
〒124-0014東京都葛飾区東四つ木1-22-19
担当 中瀬勲
TEL 03-3692-2226 FAX 03-3692-7106
E-MAIL isao_nakase@kawamasa-industry.co.jp